「第四政治理論を日本人が理解する為に必要な事」

私たち日本人は、敗戦と共に多くのことを忘れてしまいました。時代の経過とともに色褪せていく思想もありますが、忘れてはならないものも数多く存在します。それを探し出すために、鉱山で働く鉱夫のように地上と地下を往復し、地下の坑道奥深くでダイヤの原石を探すような作業が必要です。これは私のような労働者の役割です。

 

「新ロマン主義と4TP」

世界、特に西欧世界における3つの主要な政治理論に共通する要素があるとすれば、それは唯物論です。ロシアの哲学者アレクサンドル・ドゥーギンによると、西欧近代における3つの主要な政治理論は、-1)自由主義[1TP]-2)社会主義・共産主義[2TP]-3)ファシズムと国家社会主義[3TP]の順番であるとされています。

日本仏教の第二段階:禅宗の勝利

阿弥陀仏(日本語では阿弥陀如来)は、覚醒を切望し、それを達成するために阿弥陀仏の助けを求める人々のために特別に創られた至福の極楽浄土に生まれ変わる能力を信者に与えるという教義への関心は、天台宗の僧侶の間で最初に生まれました。他の仏教と同様、この宗派は中国から日本に伝来しました(金通宗)。この教義の最初の伝道者の一人は、平安時代に生きた僧源信(942-1017)です。彼は天台宗の本質を構成する如来蔵の教えの文脈にとどまったが、源信は日本で最初にこの西方極楽浄土の仏陀の姿に注目した一人でした。

将軍の時代

将軍の時代

後鳥羽上皇(1180-1239)は1198年まで在位し、19歳で退位を余儀なくされました。後鳥羽上皇治世初期の実権は、祖父の後白河法皇(1127-1192)に握られていましたが、後白河法皇が崩御した当時、後鳥羽上皇はまだ12歳であり単独での統治は不可能でした。特に平安時代に力を持ち、皇室の若手分家や日本の最高貴族のメンバーで構成された源氏がこの状況を利用しました。同じように高貴な出自を持ち、支配者であった天皇とのつながりを持つ他の3つの強力な一族は、平氏(源氏の主な対立者でありライバル)、藤原氏(この頃には権力は過去のものとなっていた)、そして橘氏でした。

「ボランティアの為のドローンイデオロギー」

ロシアにおけるイデオロギーの現状について述べると、以下のような状況が見て取れます。国家は2000年以降24年間に渡り、いくつかの政権を経て急進的なリベラル派の排除に努めてきました。リベラル派のイデオロギーへの影響力は徐々に減少しているものの、文化、教育、科学の分野では依然として大きな影響を持っています。

ウラジーミル・プーチンとタッカー・カールソン「対話の地政学」

ウラジーミル・プーチンとタッカー・カールソン「対話の地政学」

タッカー・カールソンのインタビューがロシアおよび西側にとって重要である理由は、それが社会内部の異なるグループ間の結束を象徴している点にあります。ロシアでは、このインタビューはイデオロギカルな愛国者と、依然としてプーチン及びSMO(特別軍事作戦)に忠実なエリート西洋人たちの接点として機能しています。愛国者たちにとって、カールソンは彼ら自身の一人であり、伝統主義者であり、リベラリズムの断固たる反対者であり、現代ロシアの君主への忠誠心を象徴する人物として認識されています。

なぜタッカー・カールソンのインタビューは西側とロシアの両方にとって極めて重要だと考えられているのでしょうか?

より単純な部分、ロシアから始めましょう。ここで、タッカー・カールソンは、ロシア社会内の二つの正反対の人物、つまりイデオロギーの愛国者と、それでもプーチンと特別軍事作戦に忠誠を誓い続けるエリート西洋化者にとっての焦点となっている。愛国者にとって、タッカー・カールソンは単なる「我々の一人」だ。彼は伝統主義者であり、右翼保守主義者であり、リベラリズムの断固とした反対者です。これが21世紀のロシア皇帝への使者の姿だ。

テキサスでの出来事・新たな内戦か?

プラグマティズムの発祥地であるアメリカで、その思想は失われつつあると言えます。特にバイデン政権下のグローバリストたちは、チャールズ・パイスやウィリアム・ジェイムズによって確立されたアメリカの伝統的な価値観との関係を断ち切り、グローバリズムの極端な形態を表現しています。プラグマティズムの伝統は、主体と客体に対する規範的内容の処方に対して完全な無関心に基づいており、真のプラグマティストにとっては、主体が自己、対象、あるいは他の主体に対して持つ認識は無関係であり、重要なのは相互作用において全てが効果的に機能することです。しかし、グローバリストたちはイギリスの実証主義者やフランスの熱烈な唯物論者に近い考えを持ち、全体主義的な態度で、自らの規範に従うべき対象を指示しています。

「新しい中世へ向かって」

アレクサンドル・ドゥーギンは、大都市から田舎への再定住と、伝統的な家族的価値観の復活と田舎でのライフスタイルを、近代の問題への対応策として重視しています。2024年を「家族の年」と宣言したロシアでは、高い離婚率、堕胎率、そして低下する出生率が国家的な危機を象徴しています。私たちが「家族の年」を真剣に受け止め、リベラルや共産主義の古典ではなく、他の古典に依拠するならば、私たちは同時に原点に立ち返り、新しい一歩を踏み出すべきです。

「聖書プロジェクト」の終焉

資本主義の社会的性質とそのグローバルな規模により、このシステムの危機は連鎖反応を引き起こすトリガーとなります。この危機は資本主義だけでなく、一般的な社会システムをも超える危機メカニズムを動かすのです。現代社会と進歩的な思想、マルクス主義と自由主義、それに関連する科学や教育の組織形態、啓蒙の時代の地球文化全体の危機についてはすでに多くが論じられていますが、特に19世紀の「長い50年間」つまり1848年から1867年の間(1848年のヨーロッパ革命と日本の明治維新、『共産党宣言』と『資本論』第一巻の間)にヨーロッパシステム・ワールドから「大西洋の西」へと変貌した資本主義は、非ヨーロッパ文明だけでなくヨーロッパ文明自体も破壊し、数十年で著しい成果を達成しました。

「緑の龍と彼の苦悩」2024年予測

この問題は西側がソビエト連邦の崩壊後、一時的に単独の地球規模の支配者となるように見えた瞬間に生じたものですが、実際にはそのリーダーシップを具体化することができませんでした。その結果、新たな主権国家の極として、ロシアと中国が台頭し始めました。インド、イスラム文明、アフリカ、ラテンアメリカなど、他の極も現れつつあります。合計で、西側を含む7つの力の中心が存在し、そのうち6つがBRICSに結集し、多極的な秩序の構築を始めています。

「2024.ヨーロッパ革命に向けて」

今年、欧米は革命を迎えると予想されています。西側には2つの顔があります。一つはグローバリストによる「西側-1」もう一つはそれとは異なる従来の西側です。グローバリストは、自分たち以外の存在を認めようとせず、「第二の西側」の存在を否定しています。しかし、そのような「西側-2」は実際に存在しています。

はじめに あるべきか、ないべきか?

 はじめに あるべきか、ないべきか?

今日の世界では、政治は、少なくとも私たちがかつて知っていたような過去のもののように見える。リベラリズムは、保守主義、君主主義、伝統主義、ファシズム、社会主義、共産主義といった政治的敵対勢力と戦い続け、20世紀末にはそれらすべてを打ち破った。政治がリベラルになる一方で、グローバル社会の周縁で生き残り、周縁化された反対勢力はすべて、アラン・ド・ブノワ の「周縁対中心」に従って、戦略を再考し、新たな統一戦線を形成すると考えるのが論理的であろう。

「リベラル全体主義に対する」

真剣な話。この国ではいまだにリベラルの覇権が強固に保たれています。実際には1991年以降に教育と人文科学、文化の分野で伝えられてきた主要な考え方として、ほぼすべてがリベラルな枠組みに基づいて構築されました。憲法をはじめとする国のあらゆる要素がリベラルであり、リベラル派はリベラリズムをイデオロギーではなく「最終的な真理」と見なしています。彼らが「イデオロギー」と呼ぶものは、彼らの言う「リベラルな真理」に挑戦するもの・例えば社会主義や共産主義、ナショナリズムや伝統社会の政治教義などを指します。

「ダーシャの図書館」ダリア・ドゥギナ31歳の誕生日に

「ダーシャの図書館」ダリア・ドゥギナ31歳の誕生日に

「ウラジーミル・ダル」出版社が始めた「ダーシャの図書館」という書籍シリーズは、ニコライ・グミレフの「英雄的抒情詩」の出版によってスタートし、その象徴的な意義を持っています。困難な闘争を経て、文明の根源とアイデンティティへと立ち返る新生ロシアの英雄、ダーリヤ・ドゥギナは、無私無欲で祖国を愛し、若くして祖国とその勝利のために命を捧げた愛国者であるばかりでなく、キリストと教会に最後まで忠実な深い信仰の正教徒であり、洗練された知識人、哲学者、文化・芸術の愛好家兼鑑定家でもあります。彼女は、ダーリヤ、マリア、スヴェトラーナ、ナタリア、ユージニア、カトリーヌ、イリーナ、アンナ、ソフィア、ワシリサ、ヴァルヴァラ、タチアナといった無数のロシアの女性たちに、外部から押し付けられた低俗で原始的な女性像とは異なる、新たな女性らしさの模範を示しています。彼女の特別な選択は、伝統とその価値観、科学、知性、意志、民族への活動的な愛、そして国と権力への献身と、始終一貫して結びついています。彼女は、自己中心的で堕落し、皮肉屋で、自分と自己のキャリアにのみ関心を持つ女性ではなく、貞操の理想を尊び、愛情深く、苦悩を抱え、思慮深く、繊細な少女です。これこそが、ロシアの「母なる娘」の真の姿です。

「最前線で生まれつつある全ロシア的イデオロギー」

「最前線で生まれつつある全ロシア的イデオロギー」

新ロシアのイデオロギーは、現在ウクライナ戦線で形成されつつあります。この戦線には、既に確固たるイデオロギーを持ち、自発的に参加した人々がいます。彼らの中には、確信犯的な右翼(正教徒、君主主義者、国家主義者)、左翼(スターリン主義者、反グローバリスト)、左派右派(国民ボリシェヴィキ)、そして右派左派(ユーラシア主義者)が存在します。リベラル派は戦線では見られず、このイデオロギーは無視できないものとなっています。セミヨン・ペゴフが指摘するように、戦線では「兵士と民衆が肩を並べている」状況です。

ページ