今日の汎アフリカ主義。新植民地主義から多極化へ

今日の汎アフリカ主義。新植民地主義から多極化へ

今日、アフリカ大陸は、新植民地主義や外国の拡張主義、特にフランスの拡張主義との対決の新たな中心地となっています。  そして、西側諸国が好む方法は、傀儡政権を通じて国々を支配することであるため、一時的にせよ、一国が外国や超国家機構の圧力から解放されることによって、その体制を「壊す」ことができるのは、軍事クーデターを通じてのみなのである。このことは、2020年にマリ、2021年にギニア、そして今回ブルキナファソと、この地域で最近軍事クーデターが増加していることからも確認できる。

ネオ・プラトニックの伝統に政治哲学はあるのか?

フリードリヒ・ニーチェは、ギリシャ哲学の講義の中で、プラトンを急進的な革命家と呼んだ。ニーチェの解釈では、プラトンは古典的なギリシアの理想市民の概念を超えた存在である。プラトンの哲学者は、他の二つの性質(戦争と職人)とは異なり、宗教性を超えて、善の観念を直接的に思索するようになる。

 

「ヨーロッパは2つの世界観の間の戦場」-ダリア・プラトノヴァへのインタビュー

「ヨーロッパは2つの世界観の間の戦場」-ダリア・プラトノヴァへのインタビュー

モスクワ大学卒業の哲学者であり、新プラトン主義を専門とするアレクサンドル・ドゥーギン教授の娘で政治評論家のダーリヤ・プラトノヴァ・ドゥーギナ氏に独占インタビューを行った。このインタビューは、ロシア語圏の人々にも楽しんでもらえるように、イタリア語とロシア語の二ヶ国語で行われました。

ウクライナにおけるロシアの作戦:友と敵、リムランドをめぐる戦い

ウクライナにおけるロシアの作戦:友と敵、リムランドをめぐる戦い

この数週間の出来事は、新たな地政学的同盟の軸を浮き彫りにし、世界の地政学的地図を完全に作り直した。こうして、ユーラシアの極とアメリカの極(海の文明)の間に位置し、地政学的に「リムランド」(「弧の地」)と呼ばれる広い地域の一部を形成するヨーロッパの空間は、ついにその主権(それ以前も、大部分は仮想的で、むしろ現実よりも潜在的だった)と大陸主義への指向を失った。今日のヨーロッパはすべて大西洋主義である。

ヌーマキアの紹介(講義10) 21世紀のヌーマキア

ヌーマキアの紹介(講義10) 21世紀のヌーマキア

さて、この講座の最終回、第10回目は、ヌーマキア入門ともいうべき成果物です。第10回目は、21世紀のヌーマキアに捧げます。社会学では、私たちは今、近代からポスト近代への移行、変容の中に生きていると言われています。そこで私たちは、近代をキュベレーのロゴスの帰還、あるいは復讐と位置づけています。では、「ポストモダンのロゴスとは何か」「それはどのようなノロジー構造なのか」と問うことができる。ポストモダンのロゴスとは、ある意味でサイベーレ革命の最終的な完成形です。つまりそれは、それまでのモダニティの論理的な終わり、論理的な帰結をもたらすようなものなのです。だから、ポストモダンの反近代的な言説に惑わされてはいけないのです。ポストモダンは本質的に近代的です。それは近代の本質なのです。それは代替物ではありません。

ヌーマキアの紹介(講義9) - セルビア・ロゴス

ヌーマキアの紹介(講義9) - セルビア・ロゴス

セルビア語のロゴスに集中しましょう。まず第一に、セルビア人大罪やセルビア人実存的地平というものが存在することは確実である。それはセルビア人という存在があるからこそ、絶対に確かなのです。そして、セルビア人がいるということは、セルビア的大罪やセルビア的実存的地平というものが存在するということだ。私の知る限り、セルビア人のダーザインをハイデガー的なカテゴリーで完全に記述しようとした人はいませんが、ある程度のレベルまでなら、技術的な課題として残っています。ハイデガーのノーロジー、ダーザイン、実存的地平、存在と時間を知ることについて述べたことを理解すれば、彼のカテゴリー(彼はこれを実存的と呼んだ)をダーザインを記述するための特別なカテゴリーに適用することができるだろう。そして、それをセルビアのダーゼインに適用することが技術的課題である。

ヌーマキアの紹介(講義7) キリスト教のロゴス

ヌーマキアの紹介(講義7) キリスト教のロゴス

第7回目の講義は、キリスト教のロゴスについてです。そこで今度は、キリスト教とキリスト教の伝統について、短いノロジーの分析を行うことにします。これは決して教条的なものではありません。私たちはキリスト教を文化的、社会的、政治的、構造的、哲学的な現象としてとらえています。ですから、キリスト教を擁護したり非難したりすることはありません。私自身、ほとんどが正教徒だと思いますが、キリスト教を正しい方法で扱おうとしています。それは一種のNoologicalな分析です。真理とか異端とか、教義的に正しいとされたもの、異端とされたものを論じることはしないのです。これから話すことはすべてNoologicalな観点、構造的な分析から見ていきます。

戦争の形而上学

戦争の形而上学

本日は、戦争の形而上学と、現在起きていることの哲学的理解について、私の見解を共有したいと思います。このような理解がなければ、現在の対立の深さを完全に把握することはできません。言うまでもなく、私は情報スペースを注意深く見て、ライブでコメントしています。今日は哲学的な観点から現在の出来事を見てみたいと思います。

 

ヌーマキアの紹介(講義6)ヨーロッパ文明

ヌーマキアの紹介(講義6)ヨーロッパ文明

さて、第6回目の講義は、「ヨーロッパ文明」をテーマにしています。ここでは、他の印欧語圏の社会はさておき、ヨーロッパの歴史、ヨーロッパの文化、そしてヨーロッパ人に焦点を当てます。ヨーロッパ文明は、二つの実存的地平の重ね合わせの上に成り立っており、その中心はディオニュソスとその解釈の問題であることが明らかになったわけです。

ヌーマキアの紹介(講義5) ディオニュソスのロゴス

ヌーマキアの紹介(講義5) ディオニュソスのロゴス

今、私たちは、ジオソフィーの観点から、アポロンのロゴスとキュベレーのロゴスが具体的な意味において、また文化や実存の地平の意味において、何を意味しているかをよりよく理解しています。ですから、これから私たちは、一般的な意味でのディオニュソスのロゴスではなく、具体的な民族社会学的、歴史的、社会学的、経済学的な意味でのロゴスについて話そうと思います。

ヌーマキアの紹介(講義4)キュベレイのロゴス

ヌーマキアの紹介(講義4)キュベレイのロゴス

インド・ヨーロッパ文化がどのようにして定住段階に至ったのか、そしてこのシフトとヌーマキアの瞬間のこの構造の変化の間に何が起こったのかをよりよく理解するためには、トゥランの周辺にあった存在的な地平が何であったかを考えなければならない。つまり、ツラン族は東ヨーロッパ、アナトリア、バルカン、イラン(ペルシャ)のエラムの領土、そしてインドの空間へとやってきたのである。そして、これらの空間は空っぽでもなんでもなかった。そこには別の文明があり、別の存在地平があり、別の種類の(あるいは同じかもしれないが、これからわかる)ヌーマキアの適切な瞬間があったのである。ヨーロッパ、バルカン、アナトリア、ペルシャ、インドなど、インド・ヨーロッパ以前の文明は何だったのだろうか。私は、第1回や前回の講義と同様、ここでも、インド・ヨーロッパ人が到来する以前のアナトリア、バルカン、ヨーロッパに、非常に古い大女神の文明が存在したとするマリヤ・ギンブタスの概念に従います。

ヌーマキアの紹介(第3講) 印欧語文明のロゴス

ヌーマキアの紹介(第3講) 印欧語文明のロゴス

意識、人間の心、思考に関する哲学的学問である「ノロジー」に特化した講義を継続して行っています。今日は2つの講義があります。第3回目の講義は、「印欧語文明のロゴス」という名前が付いています。そこで今度は、前の2つの講義で説明した方法論を、具体的な対象、具体的な文明に適用していきます。これまで、3つのロゴス論と実存的な地平と歴史的なものの概念について話してきました。そこで、今度はそれを印欧語文化に適用してみることにします。まず実存的空間についてですが、この概念はさまざまなスケールに適用できます。小さな共同体、中規模の共同体、あるいは大きな共同体、たとえば同じ言語的起源を持つもの同士などです。そして、これから印欧語の実存的空間についてお話しします。印欧語の実存空間とは何でしょうか。それは最も大きな統合の形の一つです。印欧語的実存空間は、印欧語を話す人々が生活する空間と一致します。

ヌーマキアの紹介(講義2) - ジオソフィー

ヌーマキアの紹介(講義2) - ジオソフィー

ジオソフィーとは何か?具体的な文化や社会の研究に、ノロジーの原理を応用したものです。それは、3つのロゴスの手法の助けを借りた一種の文明分析である。つまり、ジオソフィーの考え方は次のようなものだ。哲学や人類学でいうところの「パースペクティヴィズム」に近い。このパースペクティヴィズムという姿勢を展開したブラジルの人類学者ヴィヴェイロス・デ・カストロという興味深い人がいます。パースペクティヴィズムとは、例えば、現代の西洋人は、物理的な世界は一つであり、この世界を理解する文化も一つであると考えています。それが近代西欧の文化です。

ヌーマキアの紹介(講義1) ヌーマキアとは何か?

ヌーマキアの紹介(講義1) ヌーマキアとは何か?

親愛なる友人たちへ:地政学的なセルビア・スクールの実験コースの最終回です。これは、すでに作られた以前の講義コースに基づくものです。皆さんは、これまでの講義をよく理解されていると思います。それらは、文化、文明、社会、グローバリゼーション、そしてこの文脈におけるアイデンティティの位置づけに関する現代の状況の本質を理解するために、多極化アプローチのこの最後の形而上学的、哲学的な要約を理解するのに必要なものです。

伝統的価値観のABC。パート1:伝統

伝統的価値観のABC。パート1:伝統

ロシア初のテレビチャンネル「ツァルグラード」は、新しいテレビプロジェクト「The ABC of Traditional Values」を開始しました。3人のロシア人思想家による、ロシアの存立基盤とロシアの未来についての専門家による講演シリーズです。コンスタンチン・マロフェーエフ、アレクサンドル・ドゥーギン、アンドレイ・トカチェフ大司祭は、ウラジーミル・プーチンによって承認された「伝統的精神・道徳的価値の保存と強化のための国家政策の基礎」について分析しています。最初の導入部では、「伝統」そのものを扱っている。

「右翼グラムシアニズム」現象・「新しい右翼」の経験

「右翼グラムシアニズム」現象・「新しい右翼」の経験

「新右翼」は、1968年、ヨーロッパにおけるイデオロギーの危機とリベラルなヘゲモニーの強化に対する反動として登場した知的運動のアンサンブルである。1968年までに、古典的な「右翼」運動は、資本主義の採用、親米感情、国家主義といったリベラルなイデオロギー的動機にまみれるようになった。一方、資本主義への反対を中核とする「左翼」の課題もまた、リベラルな影響を受けていた[1]。平等主義、個人主義、文化間の差異の否定、普遍主義が「左翼」運動をリベラルな教義の同盟者、パートナーにしていたのである。

ポストポリティクスvs.実存的ポリティクス

ポストポリティクスvs.実存的ポリティクス

20世紀は、3つのイデオロギーが対立した世紀であった。あるものは数世紀にわたって支配し(自由主義)、あるものは数十年、数年間にわたって支配した(共産主義、国家社会主義)。しかし、その終焉は、私たちには明らかなように思える。ニューエイジ哲学の娘である3つのイデオロギーは、すべて政治の空間から去ってしまった。近代の時代は終焉を迎えたのである。

アレクサンドル・ドゥーギン: ウクライナは「最初の多極」紛争である

アレクサンドル・ドゥーギン: ウクライナは「最初の多極」紛争である

ウクライナでの紛争は、ロシアがすべての文明が独自の道を選ぶ権利のために戦っているこの世界での「最初の多極戦争」であり、ロシアはすべての文明が独自の道を選択する権利を求めて戦っているが、西側は全体主義的覇権的グローバリズムを維持したいと望んでいる、とアレクサンドル・ドューギンは金曜日の独占インタビューでRTに語った。 

I第四の政治理論の構築に

私は循環的発展の支持者であり、知は徐々に蓄積されてゆく ものだというフランシス•ベーコンの考えには賛成しない。だ がここでは、進歩主義的なテーマや思潮へのアプローチを、い かに発展させ修正するべきか提案したい。われわれは「保守主 義」という概念の内容について、これまでくりかえし説明しよ うとしてきた。〈第四の政治理論〉をめぐる会議や学術シンポ ジゥムをいくつも開催した。こうした努力の成果は雑誌【★! や学術論文集、著«、ィンターネット.サィト【*2】で発表さ れており、多かれ少なかれ一般読者の目に入っているだろう。 だからここではその先に進みたい。

〈第四の政治理論〉に関する議論の進展の具体例としてモス クヮ大学社会学部保守主義研究センター【★立とサンクトぺテ ルブルク大学哲学部のペテルブルク保守クラブ【★々〕の活動力 もたらした、めざましい成果を紹介しよぅ。ペテルブルクの(強 調しておこぅ)すばらしい出版社「アンフオラ」から刊行され た二冊の本、アラン.ド•ブノワ!:☆11の『アンチ•リベラリ ズム——第四の政治理論にむけて』у!と拙著『第四の政治 理論』〔*6〕である。
この「サンクトぺテルブルク哲学の日」!;亡2〕でも登壇した 哲学者ブノヮの本は、現代の主要問題に関する哲学的.政治的 所見をまとめたもので、グローパル化、経済的.社会的危機、 ョーロッパ統合、政治.社会の新潮流、ョーロッバ.ロシア関係、 ヒユーマニズムなどが論じられている。これらの問題がみな、

16ぱ3叩卩取「州11962年生まれ

哲学者。モスクワ大学元教授。ペレストロイカ期の民族主義 運動「パーミャチ(記憶)」に参加するなどしたあと、1993年 に作家エドゥアルド.リモーノフと「ナショナル.ボリシエヴィ キ党」を結成(1998年脱退)。『地政学の基礎』(1997年)で、 旧ソ連領(「ユーラシア」)をロシアの勢力圏とする外交戦略 を説き、広く知られるようになった。ランド,パワーを代表す るロシアは、アメリカを中心とするシー.パワー(「大西洋主 義」)に対抗するため、ドイツや日本、イランと連合すべきと される。この本をきっかけにドゥーギンは政界とのつながり を深め、「国際ユーラシア運動」などを組織する。それが口 シア政府にどれほどの影響を及ぼしたかは定かでないが、 近年も「ユーラシア連合」を唱えるプーチンの外交構想とは 一定の対応が認められる。

グローバル革命同盟

1。我々は歴史的なサイクルの終了時に住んでいます。歴史の流れを構成するすべてのプロセスが論理的な行き詰まりになってきた。

。資本主義の終わり。資本主義の発展は、その自然の限界に達しました。世界経済システムに残された唯一つのパスがあります - それ自体にで折りたたんだりすることができます。純粋に金融機関は、第一銀行、その後、より複雑で高度な株式構造の漸進的増加に基づいて、近代資本主義のシステムから、生産と消費の比率から、需要と供給のバランスから、現実から完全に離婚になりました実生活との接続。世界のすべての富を構築金融ピラミッドの複雑な操作によって世界の金融寡頭制の手に集中されています。この寡頭制は、労働だけでなく、金融の家賃を介して固定市場のファンダメンタルズに接続資本だけでなく切り下げられました。他のすべての経済的な力は、この人間味国境を越えた急進的自由主義のエリートに奴隷にされています。かかわらず、我々は資本主義についてどのように感じるのは、それだけで別の危機に直面していないことを、明らかになりましたが、システム全体が完全な崩壊の瀬戸際に立っている。
グローバル寡頭政治は世界人口の大衆から継続的な崩壊を隠そうとする方法に関係なく、より多くの人々は、これは避けられないことを疑うに開始しないこと、および米国の住宅ローン市場の崩壊と主要によって引き起こされる世界的な金融危機、銀行は、世界規模の大惨事の始まりに過ぎない。
この大惨事​​を遅らせることができますが、それを防止または回避することはできません。世界経済は、それが今では動作する形で運命にある。
B。リソースの終わり。現在の人口動態の状況では、特に第三世界の国々で、考慮に世界人口の着実な成長を考慮して、人類は、地球の天然資源を使い果たしそうにだけではなく、現在の消費水準を維持することではなく、最低限のレベルで薄手の生存のために必要になってきた。我々は、高速成長の限界に近づいており、世界の飢餓、貧困、疫病、新しい標準となるでしょう。私たちは、地球の環境収容力を超えています。したがって、私たちは差し迫った人口の激減に直面しています。今日生まれている多くの人々は、究極の苦しみは大きいでしょう。このジレンマは簡単な解決策はありません。しかし、それが存在しないことをふりをすることは私たち自身の経済システムと成長の手で種としてのグローバルな集団自殺の最悪のシナリオへの転向歩くことです。
C。社会の終わり。欧米やアメリカの価値観の影響下にある任意の結合によって相互に接続されていない社会の霧化は、本格化している。コスモポリタニズムと新しい遊牧は、特に若い世代のために、最も一般的なライフスタイルとなっています。経済的不安定性と環境の激変と相まって、全体の社会を破壊する、前例のない移民の流れを引き起こす。

ページ